段階レベル解決策
レベル0 家から出れない地蔵ナンパしなくても良いから買い物や散歩名目で良いので現場に出てみる、休日などで時間がありすぎて逆にダラダラして家から出れない様ならとりあえず30分だけなど時間制限を設ける事も効果的
実録を学習したり、つまづいている部分について調べてみるなど、準備・対策をすれば自信がついて行動したくなってくる 好きこそ物の上手なれ、基本的にナンパは遊び感覚で行う物、先ずはアプローチの準備をする事自体を楽しむという習慣をつける事も大切
レベル1 現場に出てはいるが全く声をかけれない地蔵声をかけなくても良いからターゲットを良く観察してデータを集めてみる、ある程度データが集まったらそれを確かめてみたくなるので答え合わせとして声をかけるという習慣を作る
レベル2 ナンパ仲間と合流しないと声をかけれない地蔵慣れれば徐々に1人でも出来る様になってくるので沢山合流して声かけの経験を増やす、 又は3人目が通り過ぎたら声をかける、ターゲットを見かけたら3秒以内に動くなど1人でも動く為のルールを作る
レベル3 ソロでも声をかけれるが苦手な状況や苦手なタイプのターゲットだとブレーキがかかってしまう地蔵その状況やターゲットへの慣れが足りないだけなので別に失敗しても良いくらいの気持ちでとりあえず挑戦して経験・感覚のデータを増やす
レベル4 ソロでも声をかけれるが冷たい反応をされると次から行けなくなる地蔵脳の防衛本能として自然な反応であり、ビビらなくなる事は無理、(岡田さんでも未だにビビる)自分がビビってる事を受け止め客観的な視点から冷静になって仕切り直す