TAVナンパ LINE・メール教育の基本的な返信スタンス

初回送信は連絡先交換翌日の昼
連絡する時もマインドはForYou、相手の立場や状況を想像して配慮する
ガッツかない、むしろ忙しい中で返信している空気感が重要
追撃送信はNG
1〜2行程度の短文で分かりやすい言葉で端的に返す
相手の返信タイミングと同じくらいの間隔を開けて返す
対面よりも誤解されやすい為、Sの度合いは抑える

LINE・メール教育のやり取りの目的

デート、アポの予定を取る為
(適当にだらだら返信するのではなく、目的にむけた戦略的なメール教育を行う)

LINE・メール教育時の女性の対応パターン

女性の感情送信内容
好意なし(カモ枠)営業・勧誘メール
好意なし(キモい、ウザい、怖い)ブロック、未読スルー、既読スルー
好意なし(普通、無感情)ブロック、未読スルー、既読スルー、低反応返信
好意あり(良いかも)既読スルー、通常返信、高反応返信

LINE・メールの返信がなくなる基本的な背景

都会に住んでいるなどで出会いが溢れている女性の場合は
少し可愛いレベルのくらいでも、基本的には
常時100〜300程度は返信待ちが溜まっている

返信待ちリストに埋もれてしまって忘れているパターンや
好意のない男への返信などいちいち構っていられず
意図的にスルーしていて返事がないパターンも多い

その他、
ストーカー気質でないかを見極める為にあえて返信しない
仕事や学校などが忙しくてそれどころではない
単純に魅力を感じないから返信しない
などの原因も多い

田舎に住んでいる、美人でも若くて経験値が少ないなど
出会いや男性経験が少ない女性の方がライバルが少ない分
日常で出会いが溢れている女性に比べると返信率も高くなる傾向にあるが、

忙しい、魅力を感じないなどの原因については
場所や経験値にかかわらず基本的に共通している部分なので

どんな女性に対してもしっかりと戦略的な
LINE・メール教育を行う事が重要である