ナンパをする前にファッションやヘアスタイル、
アプローチフォームなどを準備しないで、
声をかける事は面倒だと感じる人もいるかも知れない

普段の自分のまま着の身着のままで声をかける方が楽だけれど、
雰囲気作りが出来ていない場合、
無視されたり、低反応や引き気味の反応が多くなったりする

ステータスが低い状態で粘ると怒り反応さえ増えて来たりもするものだ

ナンパで声をかけるという事を考える時、ついつい自分の都合で考えがちになるが、

面倒臭がって準備しないで声をかける事で
相手にどんな印象を与えているのかを真剣に考えた事はあるだろうか?

着の身着のままのダサイ格好で声かけのフォームも悪く
雰囲気が出来ていない男性に初対面で道端でいきなり声をかけられるという事が
女性にとってどんなメリットがあるだろうか?

例えばあなたが街を歩いていて
募金を迫られたとする

可愛い女の子だったら話してみたいと思うかも知れないが、
残念ながら声をかけて来たのは小汚い格好のおっさんだ

しかも声かけに何の工夫もなくただ道行く人に見境なく近寄っては
すいません、募金をお願いします
とだけ言って回っているおじさんだ

運の悪い事にそのおっさんは通勤エリアのストリートに毎日いて
毎回同じつまらないトーンで募金を頼まれるのである

声をかけられる身になってみると
そのおっさんにいちいち対応する事に
何のメリットもなく、むしろ疎ましい存在だと思わないだろうか?

少し短期な人ならいい加減にしろ!
逆に迷惑料として金を払えとでも言いたくなるくらいかも知れない

例え本人は募金という名目で悪気はなく、
むしろ善意を持ってやっているつもりでも
やられている方にとっては何のメリットもない、
迷惑極りない行為に思えてしまう訳だ

こういう背景を考えると、ナンパしてシカトしてくる女性に対して
怒りを抱く時もあるかも知れないが、
むしろつまらない声かけをして申し訳ないと反省するべきだし

準備不足で失礼レベルな声かけをしているのに
シカトだけで済ませてくれているのは
まだ優しい対応と言えるかも知れない

それでは逆にその募金のおっさんが
身なりをきちんと整えて、
爽やかな笑顔で、
「いつも通勤お疲れ様です」から入り
毎回世間話や小ネタや小話など中々
面白い会話をしてくるとしたらどうだろうか?

逆に毎日の通勤で少し元気をもらえるかも知れない

話が面白ければ
「実はこういう訳で100円だけ募金して欲しいんです」
と言われたら
まぁ良いかと思う人も多いはずだ

しかし実際にはナンパでもキャッチでもスカウトでも、
怪しい勧誘でも、街で不特定多数に声をかけている人達は

基本的に1つの声かけに対してそこまで印象や会話を工夫して
丁寧に行う事を意識している人はごくごく一握りなのである

そもそも道で女性に声をかける勇気がある人自体も少ないが

声かけ活動をしている人も
ほとんどが自分がやりやすいという都合だけで、
最初から欲丸出しがバレバレなやり方で声をかけているのである

だからこそTAVを学んでしっかりと準備をして実践する事は効果的だし、
ライバルが多すぎてコミュニティレベルでは落とすのは難しい美人に対しても
特別な男になれるのだ

今一度しっかりと準備して現場に挑む様に心掛けよう