自然系ナンパとほぼ同じ様な声かけ方法として
ハーバードナンパスクールの佐藤英知さんの声かけ方法があります。

ハーバードナンパスクールの声かけ方法という事で
HNSアプローチと呼ぶ事にします。

HNSアプローチも動画やマニュアルなどいくつか出ていますが、
TAVよりは普通のナンパのやり方に近い分、
初心者、ナンパ未経験の状態から始める場合は
取っ付きやすいナンパの仕方ではあると思いますので、
数打ち戦略の現段階のフェーズでも取り入れて実践してみましょう!

HNSアプローチのやり方とは?

HNSアプローチのやり方は基本的には一般的な自然系ナンパと同様で
挨拶系から入ってクローズクエスチョンから和み会話へという流れになります。
詳細を見ていきましょう。

まずファーストコンタクトの声かけは「おはよう」から入ります。

※「こんばんは」、「お疲れ様」などはキャッチやスカウトも使っているので
そういった勧誘の声かけと間違われない様に区別するという意図があります。

ファーストコンタクトの声かけの後は ターゲットの状態を見て
「帰宅中?」、「出勤中?」、「買い物中?」、「待ち合わせ? 」の
4つのクローズクエスチョンから適宜選択して反応を引き出します。

※ 佐藤英知さんのマニュアルによると
基本的にナンパで声かけした時のターゲットの状態は
以下の次の4つに分かれるそうですが、

日常生活をしている所にいきなり声かけするのがナンパですから、
確かに上記の4パターンはありがちな状態かも知れませんね。

クローズクエスチョンの後は、ターゲットの反応毎に変わって来るので
切り替えしパターンのテンプレートの段階に入って
和み会話からオファーという流れが基本となります。

誠実系ナンパ(フロント系) のメリット

HNSアプローチのメリットとしては会話戦略は上記の通り、
基本的にはよくある自然系のナンパとほぼ同じですが、

独学で取り組む場合と違ってHNSアプローチには
ハーバードナンパスクールのマニュアルがあるという事です。

その為、事前に実録音声で声かけ時の雰囲気を疑似体験する事も出来ますし、
会話テンプレートで何を話せば良いか練習したり、
上手く行かない時にお手本として確認する事も出来ます。

岡田尚也さんのTAVでももちろん、
上記の様な「教材をお手本として学べる」というメリットがありますが、
主導権をどんどん握っていく強気なアプローチをいきなり実践するのは
自信が無くて躊躇してしまうという初心者の段階では、
HNSの方が一般的なナンパに近い分、精神的なハードルが低くて実践しやすく、
TAVのナンパに入る前の選択肢、ステップの1つとしても良いかも知れません。

TAVでもストリートナンパ初心者向けの声かけ方法として、
TAVの誠実系アプローチや誠実系道聞きアプローチが
比較的S度が低いやり方としてありますが、

TAVは基本的に主導権を取る為に媚びない強気な態度でターゲットと接して
ブランディングイメージを構築していくハイレベルなナンパ方法になるので、
もう少し後のフェーズで実践する事にしておきます。

という事で、今回は佐藤英知さんのHNSアプローチをやってみましょう!