今回のアプローチの詳細情報

テーマ・目標STEP1:30人声かけ~誠実系アプローチ編~
日時2019/9/4
場所鶯谷
活動時間1時間30分
声かけ数30人
アプローチ種類自然系アプローチ
ターゲットの反応 無視・シカト 14人
低反応 11人
中反応 3人
高反応 1人
驚き反応 1人
アプローチ成果
備考 ・南口は駅を出てほとんどが高架線橋を渡る左のルートになるが、橋の上は狭いので高架線橋を降りる階段の前で待機していて好みのターゲットが居たらチェイスする方が効率が良い

・道が狭く入り組んでいて、アプローチポイントが絞りにくい

・大通りは車やパチンコ店なども多いので、騒音がある

・工事や喫煙で待機しているおじさん、通行人などアプローチの邪魔になるものも多いので、結構難しいエリアだと感じた

・南口と北口の間がホテル街になっていて、連れ出し先とクロージングポイントは非常に明確

・援助交際の女性も多く、声をかけようとしてチェイスしている間に近くを他人の様な雰囲気で歩いていたおじさんと話しだしたりするので見極めも必要

・ホテル街はデリヘル嬢やエンコー待ちの女やカップルも多い

・北口の方が道が広いので比較的やりやすいかも知れない
感想 ・沢山声かけしてもシカトばかりだと、自分は相手にされていないんだ、どうせ俺なんてダメなんだという様な悲観的なマインドになる人も多いはずだが、今は質より量の段階なので、別に反応取れなくても自分を責める必要はない!

・むしろシカトされても声をかけ続けていられる自分を良く頑張ってるなと褒めてあげても良いくらい

・そもそも数打ち戦略自体が、反応が取れない女をどうこうするというよりも、反応が良い女を探して沢山声をかけるというスタンスなので、反応が取れなければ、まだ俺には明けられない宝箱なんだなくらいに思っておけば良いだろう

・実際、シカトされたからといってお金を取られる訳でもないし、まだ力量がないならすぐリリースすれば良いだけで、大したリスクもない、ストリートには魅力的な女なんて腐る程いるので、この段階でいちいち拘るのはやめよう

・質も高めていくのは数打ち目標が完了したら随時行っていけば良いので、今は出来なくてもいつか必ず出来るという事を信じて粛々と数打ちのフェーズをクリアしていく事が結局は近道なのだ

⇒TAV liblary top